フラット35審査と契約の流れとは?

新築住宅においてフラット35の融資を受ける際の一例を説明します。
まず、事業主等が検査機関に設計検査の申請を行い合格の通知をもらいます(工事着工)。
次に借り手(住宅購入予定者)は、フラット35の提携銀行へ借入れの申し込みをします。
申し込みを受けた銀行が仮審査を行い結果を借り手に告知します。
工事の途中で事業主等が検査機関へ中間現場検査の申請を行います(マンションの場合は不要)。
竣工後は、事業主等が検査機関へ竣工現場検査の申請を行います。
検査に合格すると適合証明書が発行されます。
借り手は事業主から適合証明書を受け取り、申し込みをした金融機関に提出して融資契約を結びます。
同時に抵当権設定手続きも行い、資金を受け取り完了となります。
フラット35比較ランキング!金利安いおすすめ銀行は?【借り換え】