ゴールドカードのステイタスを比較!条件を確認しよう!

ゴールドカードのステイタスはカードによって違いがあるのでしょうか。
一般にゴールド会員になるには年収や与信、勤続年数などを審査します。
その審査基準はカード会社によって異なり、自家保有の不動産に住んでいなければ取得できないカードもありますし、勤続年数に関しては5年以上のところもあれば10年以上という会社もあり、審査内容はカードによってまちまちだと言えます。
希望するゴールド会員の審査基準に自分が当てはまると思ったら申し込んではどうでしょう。
ゴールド会員になったと実感するのは、海外旅行にでかけた時です。
ステイタスの高いカードでも、利用する機会が少ないサービスを提供しているようでは利用しづらいですね。
例えば会員割引のレストランは都市部に集中しているので、地方在住の会員にとっては使う機会の殆どないサービスで、メリットを感じにくいものです。
コンシェルジェサービスも、ゴールド会員になった満足感を味わえるサービスです。
ゴールドカードを持つ一番のメリットは、やはりこのようなサービスを活用して、ゴールド会員ならではのステイタスを十分に味わうことにあると言えます。