介護保険を給付してもらう方法は?

介護保険を利用する為の介護保険料は、現金で納めています。
それでは介護保険料を支払っている介護保険制度を利用しようとした時、どういう方法で給付がされるのでしょう!? <要介護認定について> その人が介護施設、介護訪問サービスなどを利用すると利用額と言うのが発生します。
その利用額を市区町村が負担してくれると言う形ですね。
このように給付されると言うことです。
※但し、サービス利用については、全額負担してくれると言うものではありません。
※10%が自己負担と言う形になります。
ですから、残り90%を負担してくれると言うことになります。
■「介護給付」 ■「予防給付」 2種類に給付方法は分類されます。
その他にも「市町村特別給付」と言う形で市区町村から給付を受け取ることができます。
「予防給付」についてです。
介護給付と基本的には同じような感じで給付されますが、要支援認定と言う日常生活を送る中で介護支援が必要だと市区町村が判断したことに支援サービス利用額を負担してくれる形で給付されると言うものです。
2000年に介護保険が制定された当時は、予防給付は「要支援1」だけと言うことのようですが、2005年に見直しが入り介護予防サービスが導入されたことによって、対象を「要支援1」と「要支援2」と言うように増やして分類しています。